アクティブディフェンス

アクティブディフェンスとは、サイバー攻撃に対して受け身ではない「攻めの防御手法」であり、攻撃者優位から防御者優位へのゲームチェンジを行うセキュリティ対策戦略です。 アクティブディフェンスの中には、攻撃者を欺く(Deception、欺瞞)手法や、端末のエンドポイントを動的に変化させる手法など、攻撃者の想定外の状況を攻撃実行に先駆けて作ることで、防御者優位な状況を作り出す方法です。従来型のセキュリティ対策は既知のマルウェアやサイバー攻撃に応じた対策を行うことが一般的でしたが、アクティブディフェンスでは「攻撃者を騙す」「攻撃を成立させない」など、どんな攻撃手法や技術を使った脅威に対しても防御を行います。 アクティブディフェンスは日本国内で積極的に導入されていないですが、サイバー先進国であるイスラエルでは当たり前に導入が進んでおり、必ず国内でも必要となるソリューションです。