OT系セキュリティ

OTとは、Operational Technology(オペレーショナルテクノロジー)の略で、主に製造業や社会インフラ企業などで利用されている運用・制御システムです。 OT機器のセキュリティ課題は「オフライン環境で運用している」「ソフトウェアやデータのアップデートが行いにくい」「システムが老朽化していて最新のセキュリティ対策が行えない」など様々な課題が存在しています。一方、製造業の工場ではスマート化が進みIoT機器の導入などでインターネットへの接続の有無に関係なくネットワークに接続する機会が増え、感染経路が広がっています。 この「OT系セキュリティ」のカテゴリでは、限定的な環境、方式で対策を行わねばならないOT環境にある機器をマルウェアやサイバー攻撃の脅威から守るため、最新の対策手法や事例などを紹介しています。