IWI
search

検索SEARCH

製品ページ内検索

製品以外のサイト内検索

×
採用情報
   

当社の開発部長がAIを活用した不正検知に関する講演を行いました。

  

当社においてクラウドサービスの開発、保守を主に担う第二システム開発本部の開発第二部長が、AIを活用した不正検知の取組みに関する講演を、公立大学の教員の方向けに実施しました。
また、AI品質改善ベンチャーのRobust Intelligence Inc.(本社:米国カリフォルニア州、代表:Yaron Singer、以下:Robust Intelligence)の共同創業者である大柴 行人氏も登壇され、AIの脆弱性診断エンジン「RIME」を紹介されました。


当社は、同社が提供する不正検知ソリューションの一つである「FARISスコアリングサービス」において、カード不正利用の検知精度向上を目的に「RIME」を採用しています。

今後もこうした取組みを通じて、不正利用という犯罪を防ぐための検知精度向上に努めていきます。

【講演内容について】
■Robust Intelligence
昨今、様々な場面でAIが活用されています。そうした中、AIが差別的な予測をしてしまったり、開発者の予期せぬ出力をしてしまったり、悪意のあるデータによって誤作動を起こしたりといったAIのリスクが注目され始めています。


そうした課題を解決するためのソリューションとしてRIMEが紹介されました。RIMEを構成する要素として、稼働前のAIモデルに何百種類ものテストを実行し脆弱性を発見する「AI Stress Testing」、運用中のAIモデルに重大なエラーを引き起こす入力データが確認された際に自動的に検知および遮断をする「AI Firewall」といった機能をご紹介しました。


■インテリジェント ウェイブ(IWI)
IWIは、ACEPlusやIFINDSといった不正検知システムを開発しており、国内イシュア向けの不正検知領域において高いシェアを獲得しています。IWIの提供する不正検知システムは、事前に検知する場面を設定する「ルール」と過去の不正傾向から自動学習して検知する「スコアリング」の2つの機能でリアルタイムでの不正検知を実現します。


近年のキャッシュレス取引の増加に伴い、カード不正の被害額も増加しており(※1)、不正利用の手口も巧妙化しています。高度化する不正利用の手口を防ぐためには、自動で不正利用に関する傾向を学習するスコアリング機能が不可欠です。IWIは、スコアリング機能を一層強化するべく、RIME採用に至った背景をご紹介しました。

※1 一般社団法人日本クレジット協会(2021年7月)「日本のクレジット統計 2020年版」


【講演者について】
Robust Intelligence 共同創業者 大柴 行人氏

開成高校からハーバード大学に進学。在学中にAIセキュリティの研究で最も権威のある国際会議にて論文が複数採択される。同大学卒業間際の2019年に当時の指導教授のヤロン・シンガーと共に Robust Intelligenceを設立。「AIのリスクを根絶する」ことをミッションにAIモデルのテスティング・保護を行うプラットフォームを提供している。2年半で総額50億円を調達、PayPalやExpedia 、アメリカ国防省といった顧客を抱えAIセキュリティの分野で世界を牽引している。


インテリジェント ウェイブ 第二システム開発本部 開発第二部長 夏目 康秀

2015年に当社へ入社。国内イシュア向け不正検知システムの導入、更改を中心とする案件に従事。

2020年より不正検知システムの強化、刷新を担うFARISプロジェクトに着任。

スコアリング機能をはじめ、不正情報の集約、共有等、様々な角度でプロジェクトを推進。


【企業情報】
Robust Intelligence
Robust Intelligenceは2019年にハーバード大学で設立されたAIスタートアップです。AIシステム固有のリスクを排除することを目的に、堅牢な機械学に関する長年に研究と業界の経験をもとにプロダクトを提供しています。
Robust Intelligence 公式サイト


インテリジェント ウェイブ
IWIは、決済、金融、セキュリティ分野を含む、企業のビジネスリライアビリティ(※) を支えるITサービス会社です。ペイメント決済システムにおけるオンラインネットワーク基盤のシステム構築を中心に、証券市場向け超高速株価情報システムなど、金融業界向けの大量データをリアルタイムかつ正確に処理するシステムの開発・構築・保守を手がけ、国内における高いシェアを獲得しています。また自社開発の内部情報漏洩対策製品をはじめ、海外の先進的なソリューションを国内に紹介普及させていく情報セキュリティ対策事業も、その領域を大幅に拡大させています。


【関連プレスリリース】

・AI品質改善ベンチャーのRobust Intelligenceと協業を強化し国内販売を促進(2022年2月24日)

・カード不正利用の検知精度向上の実証実験に成功しシリコンバレーの新AI技術「RIME」を採用(2021年9月28日)


【本件に関するお問合せ先】

株式会社インテリジェント ウェイブ RIME担当

E-mail:airisk_info@iwi.co.jp