IWI
search

検索SEARCH

製品ページ内検索

製品以外のサイト内検索

×
採用情報
   

テレビ朝日、東京2020オリンピック競技大会にてIWIの提供するIPフロー監視ソリューション「EoM」を活用

  

~2022北京冬季オリンピックにおいても活用予定、高品質な映像配信に貢献~

株式会社テレビ朝日(本社: 東京都港区、代表取締役会長・CEO: 早河洋、以下テレビ朝日)は株式会社インテリジェント ウェイブ(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 佐藤邦光、以下IWI)の提供するIPフロー監視ソリューション「EoM」を東京2020オリンピック競技大会において活用したことを発表します。


【テレビ朝日によるEoMの活用と今後の予定】

テレビ朝日は2021年7月23日~8月8日にかけて開催された第32回オリンピック競技大会(2020/東京)にて、IP伝送を活用した中継を行いました。オリンピック競技の中継を実現したIP放送システムには、その一部としてIWIが提供するEoM(IPフロー監視ソリューション)が用いられました。EoMはIP放送システムの構築時や各種設定、ならびに安定的な運用を実現するIPの監視装置として活用され、テレビ朝日によるオリンピック競技の高品質な中継に寄与することができました。テレビ朝日はEoMを含めたこのIP放送システムを2022年2月4日~2月20日にかけて開催が予定されている第24回オリンピック冬季大会(2022/北京)でも活用します。EoMを含むIP放送システムはオリンピック時の放送の拠点となるIBC(International Broadcasting Center)にて稼働し、高品質なオリンピック中継を提供する予定です。


【EoMについて】

EoMは、IWIがペイメントシステムや証券業界向けシステムの開発で培ってきた高速データ処理の技術と、FPGA(注1)技術を組み合わせることにより、開発を実現した放送業界向けIPフロー監視ソリューションです。4K/8K放送の普及により、放送業界ではIP化された放送設備が必要となっており、放送の品質の維持・向上のために個々のIPを詳細に監視するソリューションの必要性が高まっています。EoMは、放送のIP化において標準規格となっているSMPTE ST2110、ST2022をはじめとした主要なデータ種別に対応しており、障害時の原因把握やリアルタイムでのデータ分析・可視化を実現することで、IP化された放送システムの運用コストの大幅な削減に貢献します。IWIは今後もEoMの機能拡張を継続的に行い、本格的なIP化を迎えた放送業界におけるIP放送の品質維持・向上に貢献していきます。


(注1) FPGA(field-programmable gate array) :製造後に構成を設定できる集積回路


【機能について】

IWIはEoMの機能拡張を継続的に行っており、現在のEoMは以下の機能を実装しています。

    • ・10GbE / 25GbE / 100GbE において、SMPTE ST 2110などをはじめ12のデータ種別を監視
    •  ・データ種別毎のビットレート、パケットドロップ数、レイテンシー、ジッターなどを可視化
    • ・任意の閾値を設けたアラート設定
    • ・映像音声パケットのデコード機能
    • ・他社製の統合監視製品との接続機能

EoM製品ページ


【株式会社インテリジェント ウェイブ(IWI)について】

IWIは、ペイメント市場におけるオンラインネットワーク基盤のシステム構築を中心に、証券市場向け超高速株価情報システムなど、金融業界向けの大量データをリアルタイムかつ正確に処理するシステムの開発・構築・保守を手がけており、日本国内での圧倒的なシェアを獲得しています。金融業界を中心に30年以上にわたって大容量・低遅延・高速分析を追求するだけでなく、内部情報漏洩対策製品等の開発・販売も手掛け、ビジネスを成長させております。IWIは「次代の情報化社会の安全性と利便性を創出する」を経営理念に、高速、安全、高品質で利便性の高いIT基盤を提供して、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。IWIは大日本印刷グループの一員であり、東京証券取引所市場第一部に上場しています。

※記載の商品名、会社名は各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問合せ先】

株式会社インテリジェント ウェイブ  第三システム開発本部
Email:eom@iwi.co.jp