IWI
search

検索SEARCH

製品ページ内検索

製品以外のサイト内検索

×
採用情報

EoM

IPフローモニタリングソリューション

資料請求・お問合せ

拠点間を流れるIPフローの通信状況をリアルタイム可視化、監視します。FPGA搭載のハードウェアを活用し大容量データの高速処理を実現します。

放送業界向けIPフローモニタリング

放送業界では4K/8K放送の膨大かつ高速なデータ転送に対応すべく、放送設備のIP化*1が進められています。EoM(イーオーエム)はIPフローごとにレイテンシー、ジッター、パケットドロップ等を監視し、放送データの品質チェックに貢献します。

製品概要

主な機能・特長

1.多様なプロトコル対応

SMPTE ST 2110-20/SMPTE ST 2110-30/SMPTE ST 2110-40/
SMPTE ST 2022-2/SMPTE ST 2022-6/
PTP/IGMP/AES67/NMI/NMOS


新たなプロトコルは順次追加予定です。
お客様のご要望に応じて上記以外のプロトコルへの対応も可能です。

2.複合的な観点でのリアルタイムモニタリング


監視項目、通知方法、各閾値は管理画面から自由に設定可能です。
パケットドロップ率、ジッター、レイテンシー等の単純なモニタリングだけでなく、様々な観点で複合的な監視ができるため、問題発生時の原因究明に寄与します。

3.カスタマイズ可能なUI


ご要望に応じたUIにカスタマイズでき、DataMiner®*2との連携にも対応しています。
過去データの閲覧も可能です。

  • Overview

以下画面では32ポート(16ライン)のデータ受信状況の全体概況を表示した画面イメージです。
データ流量やデータ種別の確認、パケットドロップ等の問題が発生しているポートの特定が可能です。

  • 詳細画面(SMPTE ST 2110-20)

フロー情報、送信元/送信先情報、データ流量、トラフィック品質の基本情報および、マイクロ
バーストなどプロトコルに応じた様々な詳細情報の確認が可能です。またNMOS対応により機器
情報と関連付けた表示が可能になり、より細かく問題発生源を特定できます。

  • アラート画面

パケットドロップ率等の各フローの状態を監視し、閾値を超過した場合にアラート通知します。リカバリー通知、SNMPトラップ、メール通知等にも対応することができます。

上記3つの画面はGrafana*3を利用して開発したものとなります。

活用例

様々な運用データを活用し、問題発生の予兆を検知

EoMが監視するリアルタイムIPフローと、周辺機器から収集した過去の本番環境や実証環境データを独自開発のCEP(FES)で関連付けて分析します。収集したデータをFESのルールへ落とし込み、実運用に沿った予兆検知を行います。

製品ラインナップ


注釈
*1:番組制作システムのインターフェースを従来のSDI(Serial Digital Interface)方式からIP(Internet
     Protocol)方式へ移行させる動き。
*2:Skyline Communications社製のエンド・トゥ・エンドのマルチベンダーネットワーク管理&OSS
     ソリューション。
*3:Grafana Labs社製のデータ分析・視覚化のマルチプラットフォームOSS。
*4:Arista Networks社製のFPGAを搭載した超低遅延L1スイッチ。
*5:Xilinx社製のアクセラレータカード。