IWI
search

検索SEARCH

製品ページ内検索

製品以外のサイト内検索

×
採用情報
   

ワーケーション導入に向けた実証実験を開始

  

~函館市役所の支援を受け、東京勤務の社員が函館で勤務を行う「Stayworkプログラム”Fun to work, Fun to live”」を開始~


株式会社インテリジェント ウェイブ(本社︓東京都中央区、代表取締役社長︓佐藤邦光、以下︓IWI)は、ワーケーションの効果検証を行うため、北海道函館市の函館事業所のオフィスで最大1か月間勤務できる「Stayworkプログラム”Fun to work, Fun to live”」を通じて、6月20日から9月30日までの期間、本社勤務の社員を対象とした実証実験を開始します。

【実証実験開始の背景】
新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけにテレワークが浸透する中、新しい働き方の一つとして、休暇を兼ねて、ホテルやリゾート地などで仕事をする「ワーケーション」が注目されています。政府もテレワークに加えてワーケーションの働き方を推奨し、普及に向けて様々な取組みを行っています。
IWIは、社員の「働きやすさ」と「働きがい」を追求し、多様な人財の活躍を推進しています。そうした中で、社員の健康と活躍をさらに後押しするため、本社勤務の社員の新たな働き方としてワーケーションの導入を目指し、函館事業所「ウェイブ函館」において、「Stayworkプログラム”Fun to work, Fun to live”」を通じたワーケーションの効果検証を実施します。


【Stayworkプログラム”Fun to work, Fun to live”について】
2022年6月20日から2022年9月30日までの間、最大10名の本社勤務の社員が2週間~1ヶ月の連続した期間、函館事業所で勤務します。
社員の宿泊や通勤にかかる費用は、長期出張としてIWIが負担します。社員は基本的に、IWIが契約するウイークリーマンション等にて宿泊し、バス/タクシーまたはレンタカーで移動します。
なお、本プログラムの実施にあたっては、函館市役所のご支援のもと、社員への安全な環境の提供に努めています。


【本プログラムの目的】
本プログラムは、ワーケーションの導入に向けた実証実験のみならず、以下を目的としています。

(1)社員が勤務地を自由に選択できる制度の構築に向けた効果を検証する。

(2)部門やプロジェクトの異なるメンバーが同時期にウェイブ函館で勤務することで、部門を横断した交流を生み出す。
(3)滞在中に夏季休暇等の休暇制度を活用することで社員のリフレッシュを促し、エンゲージメントと生産性の向上を図る。

【函館事業所「ウェイブ函館」について】
IWIは、ニアショア開発拠点として北海道函館市に「ウェイブ函館」という事業所を有しています。ウェイブ函館では、自社製品の開発、大手企業様からの請負開発やECサイト向けのシステム開発などの業務が行われています。2020年から函館事業所の活性化を目的として、函館市の学校からのインターンシップ受入れや共同でウェビナーの実施など、様々な取組みを実施してきました。その結果、現在は協力会社の方を含めた約30名が当該拠点を利用し活躍しています。

ウェイブ函館 外観
ウェイブ函館 内観


今回の実証実験でワーケーションの効果検証を行うことにより、社員の多様な働き方を推進するとともに、函館事業所の活性化、および地域貢献にも努めていきます。


【インテリジェント ウェイブ(IWI)について】
IWIは、決済、金融、セキュリティ分野を含む、企業のビジネスリライアビリティ(※) を支えるITサービス会社です。
国内における高いシェアを誇る「NET+1」のカード決済システムを中心に、証券システム、セキュリティソリューションを展開しています。セキュリティ分野では内部情報漏洩対策ソフト「CWAT」の自社開発・販売のほか、イスラエル製のサイバー攻撃対策ソリューションを展開し事業領域を拡大させています。 「次代の情報化社会の安全性と利便性を創出する」を経営理念に、高速、安全、高品質で利便性の高いIT基盤を提供して、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。IWIは2022年4月に東京証券取引所の新市場区分「プライム市場」へ移行しています。(記載の商品名、会社名は各社の商標または登録商標です。)
※ビジネスリライアビリティ︓顧客事業の信頼性および当社事業の信頼性を高め続けること (当社の造語)

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インテリジェント ウェイブ 経営企画室
E-Mail︓ir_info@iwi.co.jp