IWI
search

検索SEARCH

製品ページ内検索

製品以外のサイト内検索

×
採用情報

中期事業計画

当社は、2022年6月期から2024年6月期に至る中期事業計画を策定しました。
最終年度に、売上高150億円、営業利益率15%の15ALLを目指します。

15ALLに向けたロードマップ

① 決済市場のハイブリッドIT基盤
② 決済、金融、セキュリティ分野以外への領域拡大
③ DNPグループシナジー

決済市場のハイブリッドIT基盤
キャッシュレス社会の推進や決済手段の多様化に伴い、当社の事業機会はますます拡大しています。また加盟店手数料の引き下げなどのコスト削減の動きにより、クラウドサービスが求められています。当社が従来得意としているオンプレミス*に加え、クラウドサービス*を拡大させていき、オンプレミスとクラウドのハイブリッドな IT 基盤を提供していきます。

決済、金融、セキュリティ分野以外への領域拡大
DX推進などにより、あらゆる業界で大量データのリアルタイム処理が求められる変化が世界中で起きています。金融業界で培った「アクセラレーション(高速化)*技術・リアルタイム処理技術・分析技術」により、ミッションクリティカルな放送、交通、電力などの社会インフラの DX を支 える IT 基盤を提供していきます。

DNPグループシナジー
従来のグループシナジーは決済領域での活動が主体となっていました。今後は『DNPのアセット×IWIの技術』で、特定領域に閉じない活動へ変革していきます。新たな取り組みとして、スマートファクトリーを意識した OT(オペレーショナルテクノロジー)*領域での協業を始めています。工場へのセキュリティ環境の提供をはじめとし、当社の得意とするアクセラレーション技術とリアルタイム技術、分析技術を活用して、スマートファクトリーを支える基盤を提供していきます。

※オンプレミス:顧客がサーバーやネットワーク機器、ソフトウェアなどを自社保有し、システムを導入・運用すること
※クラウドサービス:顧客はサーバーやネットワーク機器、ソフトウェアなどを自社保有せず、当社が提供するシステムを利用して事業を運営すること

多様性を強みにした組織への変革

当社のビジネスモデルにとって人的資本への取組みは重要な要素になります。多様な働き方と、多様な人財を尊重することで、IT基盤の安定的な稼働に加え、新たな事業の創造へとつなげていきます。

人的資本への取り組み

中期事業計画説明資料(2022年6月期~2024年6月期)(PDF)