Traps (Palo Alto Networks社)

標的型攻撃の最新対策ソリューション

高度なウイルス対策・運用負担軽減・延命対策
「EPP」&「EDR」 を1モジュールで実現

国内外で猛威を振るう標的型攻撃。その起点は、ターゲット企業毎にカスタマイズされたマルウェアであり、従来のアンチウイルスソフトで検知することはほぼ不可能です。いまや「侵入されることを前提に対策を行う」と言われていますが、EPPの機能を高め防御精度を高めた上で、万が一侵入された場合に詳細情報を把握するシンプルな運用を推奨しており、EDRがEndpointの最重要対策では無いと考えています。 
当社は、精度の高いEPP機能にEDR機能が備わったパロアルトネットワークス社の次世代エンドポイント製品Trapsを販売しています。

構成イメージ図

次世代エンドポイント製品 Traps

①エクスプロイト防御
ゼロデイの脆弱性を含むエクスプロイトをブロック

②マルウェア防御
未知、既知の幅広いマルウェアをブロック

③EDRによるResponse機能
感染影響範囲調査や挙動確認を可視化

④フォレンジックデータの収集
攻撃を受けた際の分析に必要なデータを保存

⑤シンプル、軽い、分かりやすい
企業内での利用と運用をベースに設計

⑥ネットワーク・クラウドとの連携
クラウドにログを配置することで、FireWall(PAシリーズ)とのネットワークログ連携を容易にした統合セキュリティを実現


●[Anti Exploit] NGAVとは異なるセキュリティ対策を実装
脆弱性攻撃対策のTrapsエージェントは脆弱性攻撃の検出ではなく、実行を防御(阻止) 


●ゼロデイ攻撃(未知の攻撃)も完全防御
全てのメモリ破壊型攻撃を防御
Logic-Flaw(ロジック欠陥)攻略を防御
暗号化や難読化、マルウェア分割による侵入も起動時の実行前で防御
 

●毎日のパターンファイル更新は必要なし
●プロセス実行時、CPUリソースの負荷が低い
●サポート期限切れOSの延命対策保護
●仮想環境他、幅広い端末環境をサポート(Windows/MacOS/Linux)
●ファイアウォール及びクラウドと連携
●EDRの機能として端末隔離(特定サーバ以外の通信を停止)

 

Trapsが防御する攻撃ステップの範囲(EPP)

被害を防ぐために攻撃の起動を阻止することが重要

0.数%の確立で防げないケースの対応 EDR機能

資料請求資料請求等、お気軽にご相談下さい。

資料請求・お問合せ

お電話でのお問合せ
03-6222-7088(営業本部)

資料請求・お問合せ
当社が提供する証券業向けソリューション
当社が提供するサイバーセキュリティソリューション

製品情報

業種・業務別
課題・お悩み別
製品別
キーワード別