社長メッセージ

これまでの経歴について

(2020年9月)
  
 







 1983年にDNPに入社後、システム開発業務に従事してきました。2000年代に入り、当時はまだ目新しかったICカードを活用した新規事業の立ち上げに取り組みました。私は、携帯電話を利用したモバイル決済システムや、金融機関におけるICカードの即時発行などの事業を手掛けることで、新しい社会インフラの整備に邁進してきました。
 その後、DNPがICカード関連の事業で培った知見をもとに決済関連サービスへと事業領域を拡大するなかで、私は決済領域における新たな事業分野の開拓に注力しました。当社には、新規事業の立ち上げ時に大きな支援を受けましたが、その際、当社の技術力の高さを実感した次第です。
 

次なる成長に向けて

 当社には、「常に挑戦」するベンチャースピリットが創業以来脈々と受け継がれています。そのマインドのもと、特殊性や専門性が強く求められる決済領域および情報セキュリティ領域において、高い品質を担保する技術力に磨きをかけながら市場シェアを拡大し、安定的に成長を遂げてきました。
 当社では現在、5年後、10年後を見据えた土台づくりを進めています。既存ビジネスの安定的な拡大に加え、クラウドサービスに代表される新製品、新サービスの開発を強化しています。
 こうしたなかで、私自身の役割は、当社とDNPとの間でよりシナジーを発揮できる新たな領域を模索するとともに、様々な新規事業に取り組んできた過去の経験を当社内に還元し、新規事業の成功に貢献することであると認識しています。
 その役割を果たすためには、①クラウドサービスの事業基盤の強化、②AIのさらなる活用、③アジャイル的な開発手法、これらを当社内で推進していくことが必要であると考えています。加えて、当社の強みである技術力をより一層高めつつ、新しいことを発想できる人材を生み出す企業風土を作り上げることも大切です。若手社員が意欲的に活躍できる環境も整いつつあり、今まさに、次なる成長に向けた新たなチャレンジの時期がきていると感じています。
 

株主の皆さまへ

 新たな挑戦が加速するタイミングで代表取締役社長を拝命し、株主の皆さまには深く御礼申し上げます。当社の社長に就任することは、私自身としても大きな挑戦ですが、新しいことに挑戦し続けるなかで直面する失敗体験も生かしながら、持続的に成長できる会社づくりを進めていきます。株主の皆さまには、ご期待、ご支援いただけますようお願い申し上げます。