ページ上部へ

TIBCO Rendezvous

TIBCO Rendezvousは、従来型のリクエスト-リプライ型の通信ではなく、バス型のパブリッシュ-サブスクライブ型の通信方式を使用しています。
通信プロトコルとしてTCPではなく、UDPを使用しているため、非常に高速なメッセージ処理が可能です。

TIBCO Rendezvous

マルチキャスト通信

  • ●パブ/サブによる柔軟なモデル
  • ●データ送信者によるイベントドリブン
  • ●マルチキャスト通信を使用したコネクション・レスの通信モデル
  • ●ネットワークとサーバのオーバヘッドが少なく、“ポーリング”より早い

Rendezvous アプリケーションの構造

Rendezvous アプリケーションの構造
  • ●RendezvousはRendezvousデーモンプロセス(RVD)とAPIから成っています。
  • ●RVDは通常、各プラットフォームに常駐しておりメッセージバス(ネットワーク)に流れてくるRendezvousメッセ ージを監視しています。メッセージのサブジェクトがサブスクライブサブジェクトと合致すると、そのメッセージを Rendezvousアプリケーションに伝えます。
  • ●また、Rendezvousアプリケーションで発生したメッセージはRVDが適切なサブジェクトを付加して、メッセージバス(ネットワーク)にパブリッシュ(送信)します。

資料請求資料請求等、お気軽にご相談下さい。

資料請求・お問合せ

お電話でのお問合せ
03-6222-7088(営業本部)

資料請求・お問合せ
当社が提供する証券業向けソリューション
当社が提供するサイバーセキュリティソリューション

製品情報

業種・業務別
課題・お悩み別
製品別
キーワード別