ページ上部へ

eyeShare (ayehu社)

セキュリティインシデント対応自動化ソリューション

eyeShareは米ayehu INC.(アエフ)社製のセキュリティインシデント対応自動化ソリューションです。
経験豊富なITオペレーターが手作業で行ってきたインシデントレスポンスを自動化し、インシデント対応時間とSOC(Security Operation Center)の業務効率を向上させます。
ソフトウェアやアプリケーションが出力するイベント情報を一元的に管理し、脅威となる事象を自動で把握・検索します。
人に依存するインシデント対策から脱却し、24時間365日、最少人員での効率的で高度なCSIRT(Computer Security Incident Response Team)運用を可能にします。

eyeShareのソリューション、特長

ワークフローデザイナー

ワークフローは、マルウェア感染、不正アクセスなど、発生したインシデントに対応して設定されたテンプレートから「ワークフローデザイナー」を使用してカスタマイズが可能です。自社の運用に合わせた独自のワークフローが作成できます。導入時には当社が支援します。

サードパーティ製品との連携

多くのサードパーティ製品との連携により、正確かつ細かい対応が可能になります。連携可能なセキュリティシステムと統合することで、検出されたすべての脅威情報を収集し、重大度を確認し、セキュリティアナリストに伝達することができます。
インシデント発生の際にはワークフローに従い"意思決定"を行い、企業ネットワーク全体に修正コマンドを即座に実行します。端末へのエージェントソフトウェアのインストールは不要です。物理、仮想、クラウド環境でタスクを実行可能です。

20万人の情報セキュリティ技術者不足の解決を支援

2020年には、情報セキュリティ技術者の不足数は約20万人にまで拡大すると言われています。
自社のシステムを熟知し、情報セキュリティ知識に明るく、広範なITスキルや知識、経験を有する人材をすぐに育てることはできません。CSIRT人材が不足している中でセキュリティインシデントが多発すると、エンジニアの疲弊を招き、的確な判断と対応ができなくなります。
eyeShareは、人材不足の解消に貢献し、企業のCSIRTが効果的、効率的に機能できるよう支援します。

資料請求資料請求等、お気軽にご相談下さい。

資料請求・お問合せ

お電話でのお問合せ
03-6222-7088(営業本部)

資料請求・お問合せ
当社が提供する証券業向けソリューション
当社が提供するサイバーセキュリティソリューション

製品情報

業種・業務別
課題・お悩み別
製品別
キーワード別